• 秘密の入口
  • 小さなきのこ

    編み物と洋裁が好きでコソコソと作っております(ΦωΦ)

    アシュフォード社のNewかせくり器、届いた!! 

    えっとね、写真多いです、今回の記事(〃 ̄ω ̄〃)
    まずひと言。買って良かったーーーー♪

    かせくり器、欲しいんだけど迷ってるよー
    でも詳しく書いてるところもなくて、細部まで見たいよーという方、、、
    新しくバージョンアップしてから紹介されてる方、おられなかったので、
    ほんの少しは参考になるかも(*゚v゚*)



    まず、組み立て前の部品すべて。

    044_201609121125205a5.jpg

    左上にある、マリアージュの缶は、てけこのオイル入れ(笑)




    完成品!!!





    あのね、意外にも精巧な造りになってます(・:゚д゚:・)!
    もっと簡易的な造りかと思ってたの、(日本製じゃないし~...と高をくくっておった)
    ただ木と木をばってんに組み合わせてくるくる回る~~@@@みたいな。←舐めすぎ
    ところがどっこい、金具がね。



    台座部分の裏には、ビスで固定のゴム足。

    069_20160912105508452.jpg

    おかげでガタガタすることもなく、しっかりしてる。




    支柱部分の押さえ。

    068_201609121055063e7.jpg

    下から長いボルト止めってだけじゃなく、
    円筒みたいな金属製の穴開きの部品が詰めてあって
    さらに支柱部分、横からもビスでその輪をくぐらせて長い下から刺さってるボルトを止める。
    二重固定みたいな感じ。




    ベアリング部分。

    071_20160912105511e03.jpg


    中心部に木が見えると思うんだけど、
    その中に金属製の円筒みたいなものにオイルを差して、
    さらにボルトを通して固定してあります。



    表から見るとこんな感じ。

    056_2016091210544354a.jpg


    ただのナットではなく、
    内側にゴムの入った固定しやすくなってるナットなところもほほぅ、と( ゚д゚)

    ワッシャーで挟むだけじゃなく、
    木が傷つかないように、黒いプラスチック素材のカバーみたいなものを穴に通してから
    ビス等を差すっていうのをほほぅーーー!と。
    外国製品だけど侮りがたしw
    自分の中では 日本製、ドイツ製以外はあまり信用してないのw





    かせの大きさに合わせてサイズ調整する部分はここ。

    055_201609121054480f3.jpg


    ビスを緩めて、移動させる形になってます。
    簡単に移動できつつも、きちんと固定。




    取っ手部分。

    051_20160912105445ec0.jpg


    以前のバージョンのものは木がついているだけのように見えたような....
    詳しく見えなかったので違うようでしたらすみません
    このバージョンのは、木材部分の取っ手がくるくる回る!

    ラチェット機能付きのドライバーみたいな感じといえば分かるかな?
    (ただのドライバーじゃなくて、 手の位置をそのままに、
    ビット部分だけが回転してくるくるネジが回ってくれるもの)

    木製部の中に円筒の金属が入っていて(オイルを差して)、
    長いボルトで本体に固定はされているものの、その円筒のものがくるくる回る感じ....

    握っている木ではなく、中の円筒がくるくる回るので
    握っている手への負担が少ないと言えましょう(`・ω・´)キリリ

    なんかね、こういうところが近代的だなぁーって思ったの。
    木製なんだけど、木だから~って単純な造りじゃないの。



    台座についてる糸ガイド。

    052_20160912105447e9a.jpg


    糸の種類に合わせて、テンションを変えられる!
    まっすぐ通すもヨシ、ジグザグに通すもヨシ(`ω´*)キリッ




    固定するパーツ付き。

    075_20160912121544d64.jpg


    固定しなくても、ある程度重さがあるので倒れることはないのですが、
    こんな風に台に固定することもできます。




    試しに糸をかけてみた(* ̄ω ̄)

    060_201609121055091a7.jpg


    うむ。
    アンブレラ型よりも引っかかる部品がないところが良いかな、と。

    でもってくるくる回してみたところ、回転もスムーズ。
    木のギコギコ感もなし。

    糸も巻いみた....すっごいスルスル!!!
    すんばらしい( ` Å ´ )


    これね、送料合わせて24408円。

    でもそれだけの価値があると思いました。
    これは作れぬ!!!www(笑)


    以前のタイプは商品が届いたら、
    サンドペーパーをかけて塗装する必要があったらしいのですが、
    (白木のままだったのかな?)
    このバージョンは塗装もされて、すぐ使える状態です。
    バリも出てない、R部分もすごく綺麗なお品物。木なのに!


    迷ったけどね、これはオススメだと思います。
    いやーーーー、こりゃ買って良かった(〃´ ω `〃)









    で、さっそく、ちりちりになった涙涙のカシミヤ再生の道のりが待っておるのであった.....w




    にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
    にほんブログ村




    [ 2016/09/12 12:26 ] かせくり器 | TB(0) | CM(4)

    かせくり器、決めました(`・ω・´) 

    結局、迷いましたけど決めましたよー

    こっちにしますた









    アンブレラ型はやっぱりきしみ?みたいなのが気になるのと、
    パーツ部分が多いのがちょいと気になりまして。
    単純な仕組みの方が壊れにくいかな~って。

    ておりやさんの扇風機型(笑)とも迷いましたが、
    ・サイズ調整がきかない(買う時点で大中小を決めねばならぬ)
    ・金属の部分も多い

    というところが気になって、、、日本製なのはいいんだけどね(* ’ω’*)
    きっと軽いんだろうけれど。

    米さんに聞いたら、
    「パーツが金属製っつーのはなぁーーー単純に木の方がいいよ」って言うもんだから、
    「こっちの方が値段高いよ?」って言ったんだけど、
    「いや、値段じゃないよ、木の方がいいよ」とか言ってくれたので、
    遠慮なくこちらを選ばさせて頂きますた(〃 ̄ω ̄〃)

    ま、どちらにしても一長一短あるとは思いますが。
    まぁ重さに関しては、そこまで大物をかせとるわけじゃないと思うから、
    1.5kgまでで充分っちゃー充分だし。

    でもさ、このアシュフォード社のかせくり器、
    「New」ってついてるんだけど、
    ググってみたら、以前のタイプは安いの、8000円台だったらしいの! ( ` Å ´ *;)

    仕様がだいぶ変わったとはいえ、、、、
    8000円→21000円(税&送料込で24000円超)

    ずいぶんなんじゃ......( ; ` Å ´ )

    以前購入された方のブログを見たのですが、
    商品が届いたら塗装しなきゃいけなかったみたい。。
    それはそれで大変だけどね(´・A・`)

    届いてみれば分かるとは思うんだけど、
    画像で見る限り木の質感もだいぶ変わったっぽい。
    真ん中の部分のビスや、調節の仕方、回転握り棒の部分なども変更になってるし。
    下の糸のガイド部分もついてて、スタンド部分も変わってる。
    色々と仕様が変わったからお値段もぐんと上がったのかな(。-`ω-´)

    ま、いっか!
    いやーー頼むまで悶々と悩んだけど、いざ頼んだら早く来ないかなーって感じ(〃 ̄ ω  ̄〃)
    待ち遠しいのですが!!!

    て、あのカシミヤをなんとかせねばアセ( ´ Å ` ;; ≡ ;; ` Å ´ )アセ



    にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
    にほんブログ村




    [ 2016/09/09 10:57 ] かせくり器 | TB(0) | CM(2)